クレジットカード暗証番号変更に口座番号が必要

クレジットカードにおいて、本人確認の方法は2種類あります。
それはサインと暗証番号です。
サインというのは、クレジットカードの裏面にしてあるサインと同じサインをすることで、本人確認ができるというものです。
一方、暗証番号というのは、あらかじめ決めてある任意の4桁の数字を入力することで、本人確認をすることができるというもの。

ところが、この暗証番号というのが曲者なのです。
なかなか覚えられないということで、覚えやすい暗証番号にしている人が多いのです。
自分の誕生日や住所の番地、電話番号に車のナンバー、4桁ぞろ目の数字なんて言う方もいます。
こういった数字に関しては、カード会社によっては暗証番号に設定できない場合もありますが、万が一設定していたとしたら、すぐに変更することをおすすめします。

では、どのように変更すればいいのでしょうか。
暗証番号の変更には、カードと現在の暗証番号が必要となります。
暗証番号通知書を請求したい場合には、カードと口座番号が分かるものを準備してください。
口座番号がわかるものというのは、キャッシュカードや銀行の通帳などです。
基本的に、この手続きに関してはインターネットではできず、電話での受付が主流となっております。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック